くまもと森都心プラザトップページ > プラザ図書館 > トピックス > 新着情報 > 7/8~7/31 展示「図書館で熊本の建築を-熊本ビル部×くまもと森都心プラザ図書館-」

7/8~7/31 展示「図書館で熊本の建築を-熊本ビル部×くまもと森都心プラザ図書館-」

展示「図書館で熊本の建築を-熊本ビル部×くまもと森都心プラザ図書館-」

期間:78日(日)~731日(火)

場所:くまもと森都心プラザ図書館 326番棚

h20180708.jpg

「図書館で熊本の建築を」.pdf(287KB)


本ビル部による、熊本の魅力的な建築特集。

熊本市中心部にある昭和築の素敵な建物や熊本における前川國男建築、国登録有形文化財である京都火山研究センター(南阿蘇村)をピックアップして、写真パネルやリーフレット、関連書籍等を展示。



熊本ビル部 プロフィール

熊本に残る昭和築の建築の良さを広く伝えようと、熊本市在住の会社員がひとりで取り組んでいるプロジェクト。

201410月、解体の危機にあったJR三角線の木造駅舎「網田駅(1894年築)」が国登録有形文化財になった経緯に感銘を受け、リーフレット「網田駅舎」を自費発行。

以後、紆余曲折あって昭和のモダニズム建築、手づくりの名もないビルに傾倒。

コルビュジェの弟子・前川國男が設計した「熊本県立美術館本館(1976年築)」をはじめ、熊本の建築に関するリーフレットを計7本、自費発行。

現在は、被災し半壊となったものの、保存・改修されることとなった「京都大学火山研究センター(1929年築)」の広報活動に夢中。

好きな建物のパーツは、消火栓と階段。

外部リンクに飛びます↓

Facebook