創業支援室使用者第3期生のご紹介

【A室】  西山 永峰
事業内容 / 医療器具固定用テープの開発、販売。

病院の医療コスト削減のためのアイディア商品の開発、委託製造、販売をします。医療コストの削減は病院経営を行う上で喫緊の課題となっているものの、安易にコストを下げることは、粗悪な製品を使う事になりかねません。弊社の商品を使うことで、安全、安心は担保されつつ、コストも削減できる経営のお手伝いができればと思っております。
現在、創業準備中のため、ホームページの作成中です。
将来は訪問看護ステーションの開設も視野に入れております。


【B室】  田中 耕一
事業内容 / リハビリテーション特化型デイサービス。
現在の高齢社会の中で、医療分野は病院での治療から在宅医療へ、介護分野でも治療介護から予防介護へと移りつつあります。そのような中で私たちは、私たちが持つ専門的技術・専門的知識を活かし、介護を必要とするお年寄りをフィジカルと食の両面からサポートし、より良い在宅生活を応援します。

言語聴覚士と理学療法士による心と身体のケアリハビリテーション特化型デイサービスオープン!
お気軽にお問い合わせください
 パンフレットはこちら⇒sowaka(ソワカ) パンフレット(PDF:1.29MB)

ロゴ

 
【C室】  Body Lab.~ボディラボ~
      行村 知穂子

事業内容 / 一人ひとりの「健康」に特化した、プロのスポーツトレーナーによる体作りサポート
健康になる!」事を重要とした健康作り研究所です。
プロのパーソナルトレーナーが、お客様と1対1で向き合い、その方にあった運動・栄養方法で「健康になる」事を目標にサポート致します。
完全プライベートトレーニング、ピラティス、少人数制ダンスレッスンを行っており、デイサービス、各種ダンススタジオ、学校等に訪問出張もしております。  
「どうすれば健康になれるの?」
「健康作りって何から始めればいいの?」
「でも…健康って何!?」
現代において再重要視されている「健康」
Body Lab.ではシンプルに「健康」に特化したシステムを作っていきます。熊本に「健康」を!そして「元気」を! 
 ホームページはこちら⇒http://www.bodylab-kumamoto.com/

ピラティス&パーソナルトレーニングスタジオ 5月初旬オープン!
お気軽にお問い合わせください
 パンフレットはこちら⇒Body Lab. パンフレット(PDF:1.53MB)

sougyou3-C1.JPG sougyou3-C2.jpg   sougyou3-C4.jpg
sougyou3-C3.jpg

 
【D室】  株式会社 メイクファクトリー
      代表取締役 石橋 義隆 、 矢野 貴松

事業内容 / ログハウスキットの販売、木製品の加工販売、不動産の仲介
当社のログハウスキットは、新工法で、通常住宅の柱で使われる構造材を壁に仕様する事で、これまでない耐震性能を実現いたしました。セルフビルドでも施工可能な施工性と、木の空間からなる癒しの空間で、住宅はもちろん、別荘や店舗、ガレージや離れ、部屋の間切りまで、多種多様にご活用できるログハウスキットです。外材に負けない国産材、県産材の底力をご覧ください。
 ホームページはこちら⇒http://makefactory.net/

sougyou3-D1.JPG   sougyou3-D2.JPG

 
【E室】  立山 芳輝
事業内容 / 環境教育や地域づくりのコンサルタント、人材育成
環境教育や自然体験プログラムの企画指導を行うとともに、環境に関する団体のプログラムコーディネートやその他支援を行います。
また、地域づくりや様々な行政・企業・団体等に置ける合意形成や会議の進める上でのワークショップの企画やファシリテーションを提供します。
生きものたちと共生できる未来や豊かで住みよい地域を、みんなで創造する場をプロデュースしていきます。


【F室】  中小企業診断士 福田 和歌子 事務所
      福田 和歌子

事業内容 / 企業内中小企業診断士サービス。
今ある資源を活かしきれていない、労多くして報われていない中小企業に対して、中小企業診断士が企業内に常駐し「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」の側面から経営サポートに関する業務を一極集中的に請け負うことで、中小企業の生産性を向上させ経営改善を目指す経営コンサルティングサービス。
私は税理士事務所で17年にわたって地元中小企業の税務・会計・経営の支援をしてきました。その中で、経営資源に限りがある中小企業にとっては、今ある資源をいかに有効に活用して経営を維持、成長させていくかが大きな課題であると感じています。そこで、中小企業診断士が社内に常駐し、経営サポートに関する業務を一極集中的に請け負うことで、間接的に経営者や従業員のバックアップとなり生産性の向上が可能になると考えています。